当スタジオでのコロナウイルス対策につきまして

【主な対策につきまして】
1. エンジニアは常時マスクを着用させていただきます。
2. 歌・ナレーションをされる方以外は必ずマスクの着用をお願いいたします。(お持ちでない場合は、当スタジオより提供させていただきます)
3. 入口に設置しておりますアルコールにて手指の消毒をお願いいたします。
4. 各セッション間に通常より長めのインターバルを設け、録音ブースやロビーを含め全面的な換気を行っております。
(長時間のセッションにつきましては、タイミングのよいところで約3時間ごとに換気をさせていただきます。)
5.マイク、ポップガード、キューボックス、トークバックスイッチ、ドアノブ、ディレクションデスクなどをセッションごとに無水エタノールにて消毒しております。
6. 録音中も音に支障のないロビー部分(兼ディレクションスペース)は、密閉を避けるためドアの隙間を開けて換気を行っております。
6. 密集を避けるため、実際に録音を行わない方の同行を可能な限り減らして頂きますようお願いいたします。

【テレワークスタイルでのディレクションにつきまして】
当スタジオでは従来より、海外や地方在住のお客様とのお仕事で、いわゆるテレワークでの録音を多く行ってきております。
具体的には、演者さんのみスタジオにお越し頂き、クライアント様(ディレクター様)は在宅でSkype・FaceTime・ファイル転送などでチェックを行う形となります。テイクの確認用に、すぐに高品質なオーディオを書き出してネット経由でお送りするなど、リモート環境で有ってもより快適にご利用頂けるようにサポートさせていただきます。
スタジオに集まる人数を最低限にすることで、前項の対応と合わせて感染リスクを低減させるべく取り組んでおります。いわゆる3つの密を避けるためにも、こちらの方法もぜひご検討ください。

前のページに戻る